iPhoneでのセキュリティ対策

バナー

iPhoneでのセキュリティ対策

iPhoneなどに使われているiOSはセキュリティが高く、コンピュータウイルスの影響を受けにくく設計されています。


しかし、使い方によっては、個人情報が漏れる可能性もゼロではありません。

iPhone6sのサイズサイトが一番おすすめです。

よく公衆無線LANを利用し、セキュリティがかかっていない通信をした場合閲覧情報や、入力情報がだだ漏れになっている場合があります。

そこで利用していただきたいのが、VPN (Virtual Private Network)です。

これは、スマートフォン標準装備の機能でVPNサーバ経由でインターネットに接続します。

つまり、自分が使っている端末とそのサーバー間で通信が暗号化されるので、セキュリティがかかっていない公衆無線LAN利用時にも通信が暗号化できます。



またSSLなどを利用した通信では、2重に暗号化されますのでより安全性が増します。
屋外で公衆無線LANをよく利用する人は一度利用して見てください。

iPhone以外でも使えるサービスですので、端末の機能を探してみてください。


iPhoneでVPNサーバに接続する場合にはアプリを用いるもの、手動で接続サーバーとパスワードを設定するものなどがあります。
接続方法も数種類ありますので、自分にあった方法を選んでいただければ良いと思います。



また、VPNを利用時の注意点は通信を暗号化する分電池の減りが早くなることがあります。
また接続先サーバの処理スピードなどの環境により接続スピードが遅くなることが多いです。


Copyright (C) 2015 iPhoneでのセキュリティ対策 All Rights Reserved.